水道水に関する新聞記事

浴室での危険性

浴室での危険性

流産の危険性

流産の危険性

ウォシュレットが危険

ウォシュレットが危険

失敗しない浄水器の選び方

ご存じのように浄水器には非常にたくさんの種類があります。
安価なものから高価なものまで、取り付け方や性能も千差万別で、「何を基準に浄水器を選んだらよいのかわからない」という方が非常に多いのではないでしょうか?

初めにお伝えしておきますが、浄水器を選ぶとき単純に水質や一時的なコストだけで選んでしまうと、導入後必ず後悔されることになります。
そこで、浄水器選びの際に知っていただきたい内容を以下に記載いたしますので、是非ともご参考いただいて浄水器選びで決して失敗しないようにしてください。

セントラル型と蛇口取付型のちがい

セントラル型と蛇口取付型のちがい

まずはじめに、あなたが浄水器を取り付けようと思われた理由を考えてみて下さい。おそらく以下のような理由をお考えではないでしょうか?

「健康的で体に良い水を使いたい」
・飲み水である水道水に含まれる体に悪い成分を除去したい。
・おいしい水が飲みたい。
・etc

つまり、現在ご利用中の水道水に何らかのご不満があり水質の改善を望まれているのではないでしょうか?そのような理由で浄水器をお探しの場合、どうしても水質だけに目が行ってしまいがちです。言いかえれば、浄水器を通過したあとのコップに溜まった水の水質だけに着目してしまうということです。

Point 
蛇口取付型はフィルターが細かすぎるために十分な水圧を得られません。
Point 
蛇口取付型はフィルターが細かすぎるために十分な水圧を得られません。

もちろん、水質は浄水器を比較検討する上で非常に重要な要素です。
高い水質を実現するために浄水器メーカー各社は日々研究開発を繰り返し、水質は非常にレベルの高い水準となっています。
しかし、ここで実際に浄水器をご利用の場面を想定してみてください。
お料理の材料となる食材を流し台で洗うとします。
その時、かなりの勢いで水を使用されることになりますが、蛇口取付型の浄水器の場合、十分に水圧が得られずイライラされたり、浄水器の浄化能力を超える量の水を流してしまうために、ほとんど浄化されていない水を利用することになってしまいます。

蛇口取付型の浄水器はフィルターが細かすぎるために十分な水圧を得られません。
目づまりも多く安定して高い水質を維持できません。
一方セントラル型の浄水器は、屋外やマンションの玄関横のパイプスペースなど水道水が家に引き込まれる配管の元の部分に浄水(活水)機能のある装置を取り付けることで、家中の水が浄化されるタイプの浄水器です。
水道の元栓に直接つなぐために、高い水圧に耐えられる非常に処理能力の高い浄水(活水)機能を持っています。
そのため、前述のように十分に水圧が得られなかったり、未処理の水が使われるということがありません。

Point セントラル型浄水器なら飲料水だけでなくすべての水回りが健康的に!
セントラル型浄水器なら飲料水だけでなくすべての水回りが健康的に!

健康的な生活を目指して浄水器を設置する場合、蛇口取付型をキッチンに設置するだけでは浄水器を導入するメリットの半分も得られないと言えます。私たちが生活する住まいの中には、キッチンでの飲料水以外にも入浴(シャワー)や洗顔、トイレなど体に水が触れる場面が非常にたくさんあります。

塩素やトリハロメタンなど体に有害な物質が含まれた水で入浴や洗顔を続けていると、知らないうちに体に負担をかけることになってしまいます。健康的で体に優しい生活を送るためには、家中の水が浄化されている必要があるのではないでしょうか?

蛇口取付型の浄水器を取り付けたキッチンの蛇口から出てくる水を使って、入浴や洗顔を行うことは現実的に不可能だと言えます。

詳細はこちら

結論
蛇口取付型は安価で取り付けも簡単なため導入される方も多いのですが、十分な水圧が得られないことやキッチンでしか浄水を利用できないという点で、明らかにセントラル型よりも効果が劣ります。
導入費用に関して予算が許すようでしたら、是非ともセントラル型の浄水器をお勧めいたします。

こんなに違うコストの比較!!

4人家族で1日に使用する水の量は1,000リットルと言われています。
その利用方法を用途別に見ると下記のようになります。

4人家族1日の標準水道使用量は1.000リットル。その内容は

浄水器を使わない場合、体によいおいしい水を飲もうとするとミネラルウォーターを飲用することになります。
そこで、浄水器を使わずミネラルウォーターを使用した場合と、suiroを導入する場合を比較してみます。キッチンでの利用が全体の23%なので1日230リットルの水をキッチンだけで使用することになります。
その中で純粋に飲料として水を飲む量は1日1人1リットル4人計で4リットルくらいと考えられます。もし、この飲料用の水を全てミネラルウォーターで賄うとすると、suiroとのコスト比較は下記のようになります。

ミネラルウォーターとの比較
suiroとミネラルウォーター コストの比較
  suiro ミネラルウォーター
本体機器 49万円 0円
1Lあたりの金額 27.619円(フィルター代)÷40万リットル(ろ過能力)=約0.07円 100円
4Lあたりの金額 0.07円×4リットル=0.28円 100円×4リットル=400円

初めは機器導入費用がかかりますので、かなりのコスト差となっていますが、長期間使用することによりコスト累計が逆転して、使い続けるほどにコストダウンとなります。 しかも、suiroを導入することで単なる飲み水だけでなく、家中の水が浄化されて健康的な生活を送ることが可能となります。

蛇口取付型との比較
suiroと蛇口直結型浄水器 コストの比較
  suiro 蛇口直結型浄水器
本体機器 49万円 約5000円を4箇所使用で20.000円
100リットルあたりフィルターコスト 7円 約360円
1日(1000リットル)あたりのフィルターコスト 70円 3600円

蛇口取付型の浄水器はフィルターの寿命が短くコストも高いので、suiroを導入後わずか6か月で初期費用を含めたコストが逆転します。
1年を経過する頃には2倍以上のコスト差がでます。

結論
セントラル型の浄水器を設置すると、家中の水が浄水化されるだけでなく、コスト面でもsuiroならではのコストパフォーマンスで、使い続けていただくほどにコストダウンとなります。
初期導入費用は他の浄水器と比較すると少し高額ですが、長期比較するとsuiroのほうがコスト安となることがわかります。

浄水器と活水器の違い

前述のセントラル型と蛇口取付型の比較でも記載しましたが、浄水器を検討される方は「健康的で体に良い水を使いたい」と考えて、「飲み水である水道水に含まれる体に悪い成分を除去したい。」「おいしい水が飲みたい。」と考えておられます。

じつはこの「飲み水である水道水に含まれる体に悪い成分を除去したい。」という課題を解決するものが浄水器と呼ばれるものです。
浄水器は様々な素材の特性を利用して、水道水に含まれる不純物や塩素などの物質をフィルターに吸着して除去することを目的としています。
suiroの場合は、繊維状圧縮抗菌活性炭フィルターで塩素やトリハロメタンなどを効率的に取り除いています。 左の写真を見ていただくと水道水に非常にたくさんの不純物が含まれており、それが除去されているかがわかります。

この浄水器を通過した水は塩素などが除去されていますので、そのままの水道水と比較すると、塩素臭もなく飲みやすい水にはなっているのですが、飲んでみて「おいしい水」と言えるところまでには至りません。
一方、活水器を利用するとセラミックなどを通過させることにより、水そのものに様々な健康的な特性を付加され、非常に体によい水が作られます。活水器はフィルターを使用しませんのでフィルターのコストはかかりませんが、活水器だけを利用しても塩素などが除去されないので、塩素臭が残ってしまいます。 suiroの場合は、10種類(うち浄水部に1種類使用)の高純度セラミックを使用しており、様々な健康維持に役立つ機能水となります

詳細はこちらから

結論
浄水器の機能だけでなく、活水器の機能も付加することで、高い水質の水を生成することが可能となります。
水質を考える上では両方の機能を併せ持つ浄水器を選ぶことが最善と言えます。